英のクライアントが非常に丁寧で、別途あまりにも丁寧であるという

あなたは、英の顧客が非常に丁寧で、時々あまりにも丁寧であるというステレオタイプを聞いたことがあるかもしれないし、そうでないかもしれない。とにかくわび講じる必要はないものの、すべての会社について終始わびし、そうするために長くを使い果たすことができます。自分にとってはこれを行なうのが普通です。自分は非常に丁寧な人で、絶えず誰かに歩いたり、通りに誰かの順路をいく会社についてわび決める。自分は平均、関係する他人もわびすることを期待しています。

自分がドイツに替わる前に、自分は欧州クライアントが再び生真面目で、Britsほど不必要に丁寧ではないと言われました。自分がここに移動するまで、自分はそれぞれを過度に礼儀正しく見ていなかったので、学説は自分を考えにしませんでした。あなたが誰かの爪先に立っているときや、他人と同じ向きに歩こうとする時折、わびの必要はありません。自分は絶えず顧客が私の真下に立っていて、バッグで頭の中にぶつかったり、堂々歩いたりしたときに自分に謝ってくれないことに驚いています。ここの私の同僚の独力は、ほとんどのドイツクライアントが、両方のインサイドがそれが災いですことを解るべきであるので、わび始める必要はないと自分に説明した。それはわけ類またはわけされた動作ではないため、わび講じる必要はありません。umez.jp