用語補佐として教えておる2ヶ月目線だ。あたいは本心

時には人生の中で、間が正しければ、何か他のことを感じることができないケース、完全触れ込みを選ぶよりも良いことはありません。ここで、フランスでは、ひとつの触れ込みが私の人生にとって今まで以上に重要でつながりが増しています。それは古くさい宝石だ。「講義は完璧です」そして、それははたして何を推測する!

自分は現在、言葉お手伝いとして教えている2ヶ月目だ。自分は正直なところ私の職種をかわいがりていますが、信じられないほど努力しています。私の授業のほとんどは、フランス第三者が「ユーロ」部門と呼んでいたものです。つまり、学生は余分な英文稽古を通しているため、より良い言葉サイエンティストですことを意味します。しかし、自分は自分の好きな動画を描くように生徒に頼んだり、動画の人名を教えてもらえません。時おり、自分は心から不思議です。

私のフレンチは完全ではありません。クラスメートに座って、クラスメートと住民スピーカーの前述で怪しげで馴染みのない触れ込みを話さなければならないと感じましたが、全く怖いだ。しかし、今では自分自身が言葉お手伝いであり、自分の責務がいかほどプライスがあるかを理解しています。お手伝いは、外人が本物の本物の声色を訊く瞬間を渡し、毎日の文言を覚え、無論住民と話す講義の瞬間を提供します。

言葉のあることは、絶えず真新しいことが学ばれることです。語彙、文法、または単に声色やなめらかさに取り組んでいても、いつでも改善することができます。自分はちゃんとこれらの学生ができる最高の言葉サイエンティストに生まれ変われるように手つだいたい、そして見通しを秘めていますが、連中が私を手つだい取りかかりない限り、自分は行えることがあります。

しかし、こういう報告は私の生徒について楽しいことではありません(自分は約束します)。自分は海外に1通年留学したいと思っているすべての手法と、そこに行くために何をする必要があるのか??を思い出させるものです。自分がフランスに来る前に、自分は年の暮れまでに流暢に家に帰ることは間違いありませんでした。現在自分はここにある、自分はとっくにそれだけ確信していない。私の職種は英文を教えることです。取り入れ22があり、ここに掛かる私の身近たちは合計英文の同僚たちだ。しかし、自分はフランスの読み物を買って日毎フランスのペーパーを手に入れましたが、ともどんなに私のカバンの下に投げ込まれてしまいました。xn--u9j580g5yau8im1mf7o1fm925e.xyz