最初は、自身は死んだ生物を食するという着想が気に入らず

わたしが人道的な一生を送るさほどの計画は、菜食信条によるものです。わたしは約4通年菜食信条輩でした。最初は、わたしは死んだ鳥獣を食べるという生き方が気に入らず、ウェイトを切り落としたかったので、わたしは肉を食べることをやめました。しかし、数年先々、事柄についてさらにきつく練り上げることができたシーン、わたしは菜食信条輩になる理由が増えたことに気付きました。第一に、わたしは、ちっちゃな余分で悪賢い規定で多くの鳥獣が生きているのが好きではありません。二度と、食肉プロダクトのための鳥獣の飼育は、多くの大地と水が必要な結果、環境に悪いことがよくあります。わたしは鳥獣を取るという方針に問題はありませんが、公正舵取りグッズのように、フリー範囲の肉を考えるのは難しいです。だから、肉を食べないため、より人道的で環境に容易い取るほうが簡単だと分かります。

人類が私に着けるやり方??は別の問題です。有力ウエア物店先のほとんどは、まだ洋服のための効果的なモラルポリシーを策定していません。わたしは少ないお店で配送をしない方がいいだ。なぜなら、そのウェアは酷い状態で作られていて、わたしと同じウェアを着たヒューマンが街中にたくさんいるからです。今日わたしは通常、慈善企業のお店でUSEDのウェアを貰うだけです。慈善企業は賃金を稼ぎ、リソースは縮小され、わたしは安いウェアを手に入れます。

私たちの多くが結構購入したもののバックにおけることを正に知っていれば、それを買うことについて二都度考えていると思います。きざみわさび