最初は、我々は死んだアニマルを採り入れるという主観が気に入らず

我々が人道的な生涯をおくる更にの対策は、菜食方針によるものです。我々は約4通年菜食方針者でした。最初は、我々は死んだ動物を召し上がるというセンスが気に入らず、ウェイトを切り落としたかったので、我々は肉を食することをやめました。しかし、数年下、事柄についてなおさらきつく感じることができた場合、我々は菜食方針者になる原因が増えたことに気付きました。第一に、我々は、ちっちゃな空白で腹黒い因子で多くの動物が生きているのが好きではありません。ますます、食肉加工のための動物の飼育は、多くの土と水が必要な結果、環境に悪いことがよくあります。我々は動物を食するという目標に問題はありませんが、正直ハンドリング品のように、フリー範囲の肉を調べるのは難しいです。だから、肉を食べない結果、一段と人道的で環境に優しい取るほうが簡単だと分かります。

人類が身に着るアイテム??は別の問題です。有力着物心配り店頭のほとんどは、いまだに服のための効果的な道徳スタンスを策定していません。我々は安いお店で購入をしない方がいいだ。なぜなら、そのファッションは乏しい状態で作られていて、我々と同じファッションを着た自分が街中にたくさんいるからです。現在我々は原則、慈善法人のお店でセコハンのファッションを貰うだけです。慈善法人は財貨を稼ぎ、資源は引き下げされ、我々は少ないファッションを手に入れます。

私たちの多くがほんとに購入したものの裏側におけることを必ず知っていれば、それを買うことについて二ごと考えていると思います。http://www.stephanietubbsjones.com/