これについては了承断ち切る。いくつかの他人は調和イメージを維持する作戦として

前年の夏季、ぼくは弟のヨガを教えようとしました。それはかしこくいかなかったし、私たちの稽古を通して彼は言った、 “これは実践ではない – これはあるだけです!しかし、翌朝、彼は自分が知らなかった筋肉に疼痛を感じました!

これはぼくが思うようになった – ヨガはあなたの心臓の試合を実行するようにはなりません、それはあなたがサッカーのコンペのように汗をかくことはないので、必ずや実践ですか?

ヨガをしている顧客さえ、これについては了承終わる。いくつかの顧客は一致感を維持する方法として売り、他人はそれが瞑想の一種だと言っている顧客もいれば、それを姿勢と叫ぶ顧客もある。しかし、あなたの体躯は体裁を保つことは間違いありません。ヨガでは、ブレークやストレッチングを通じて、スムーズに移動します。これはたくさんの繰り返しがあるので、これはあなたの筋肉を色あいし伸ばします。しかし、あなたの体躯にソフトことが肝要だ。ヨガの識者は、真新しい瞳を自分の体躯に聴かせるのを助けます。痛みを感じることを意図していないからだ。素人や経験豊富な顧客や、どれくらいの寸法を引き伸ばすことができるかによって、さまざまな動きをすることができます。これはあなたの骨を見ているのに筋肉を運動させるので、ずいぶん健全だ。

一方、ヨガの息は瞑想のようになります。どのようにいつ息するのがヨガの難しいパートですが、あなたがそれを理解すると、あなたの持ち味が変わります。特定のブレークや動きの中で、あなたはブレスを吸うか、外に出さなければならない、あるいは数回深呼吸をしなければならない。これはあなたの息があなたの動きの流れを見つけるので、あなたのヨガをよりスムーズに行う。どのように規則正しく息するかを解ることは苦しく、さまざまな舞台のブレスがあります。あなたがヨガを始めたいと思ったらスクールに行くことを勧めます。識者がこれを賢く教えることができます。

息と間隔に集中することは、メンタリティをリラックスさせるのに最適な方法だ。それは、あなたの体躯について考え、何が起こっているのかを受けとるように行う。それは他のことを一律忘れ易く行う。ヨガの稽古の終わりにはリラクゼーション期間もあります。楽曲を聴いたり、識者の穏やかな音を聞いたり、静かにするだけで、あなたは日々のことから離れて行くことができます。http://www.theebookcavernreviews.co.uk/